〜 Me ke aloha 〜

Me ke aloha = ハワイ語で"心を込めて"。Bakeratta の Aloha diary☆

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

PROFILE

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

Amazon.co.jp

スイッチOFF 六ヶ所再処理工場

スイッチ OFF 六ヶ所再処理工場

イーココロ クリック募金

☆Southern All Stars☆

ゴガクル

Bookmarks&Links

SEARCH

OTHERS

みんなのブログポータル JUGEM

<< オレンジレッスン | main | マタニティ・ヨーガ >>

スポンサーサイト

2012.03.30 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |

サヨナライツカ

2010.02.25 Thursday 13:32

 
久しぶりに仁成さんの作品を手にしました。

あまりTVを見ない私でも、これだけCM流されると、洗脳されて?さすがに気になる映画の原作

いっき読みしました。といっても、、面白くってとゆーよりは、早く読んでしまえー!的な勢いで

主人公の心理描写は、なんてゆーか、仁成さん特有の、オトコのヒトの情けなくって、女々しくって、優柔不断で、ずるくって・・・だけど、だけど、それが生身の男性であり、愛すべき生き物なんだ的な表現のオンパレードなので、さらっと流す感じ。。。

ただ、人は死ぬとき、愛したことを思い出すのか、愛されたことを思い出すのか・・・という問いに対して、どういう終わり方するのかなーというのに興味があって、最後まで読みました。

なんでどちらかなの??って、思っちゃったんですよね。TVでこの問いを聞いた時。
思い出すのはきっと「愛し、愛された日々」だし、ありがとうって感謝の気持ちで最期を迎えるのがいいと思うし。

「愛した」という方が、能動的でかっこよく聞こえるかもだけど。

結局、お互い愛し合った日々を確認してるあたり、なーんだ。。ってな読み終わりでした。。

残念ながら、全然泣けなかった。。。

それにしても。
仁成さんの作品に出てくるオトコのヒトたち、どーも好きになれない。。
世の中の大半のオトコのヒトが多かれ少なかれ持ち合わせている部分だとゆーのはわかっちゃいるけど。今回もやっぱり好きになれませんでした

映画は、タイの景色はとてもきれいだろうし、西島さんは「好青年」にぴったりのルックスだと思うし、美穂リンも美しいだろうけれど。見ないだろうな〜・・・

タイは私が行ったことのある、数少ない外国のひとつ。そして、また行きたいと思っている国。
舞台となるホテル、マンダリンオリエンタルバンコクは、スイートじゃなくていいから、いつか泊まってみたいかも〜

| Bakeratta | Book | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

2012.03.30 Friday 13:32

| スポンサードリンク | - | - | - |

COMMENTS










TRACKBACK

url: トラックバック機能は終了しました。
(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

RECOMMEND

SHOPPIING
















MOBILE

qrcode

SPONSORED